西の眼・東の眼
西
古代から世界各地で固有の占術が生まれています。人の「生きる術」として。
私は主に西洋占星術とタロット、そして易学(姓名判断)の3つの占術に慣れ親しんでいます。
最初の2つは西洋、3つめは東洋で生まれたとされる占術です。
西洋・東洋 双方の世界の占術に触れながら、各々の「数」の捉え方を見つめました。
同じ人間なのだから、東西、交点(共通点)があるはず、と思ったのです。ところが、納得する
共通点もあれば、首をかしげるほどの相違点もありました。・・・これがさらに私の好奇心を
刺激しました。占いに加え、その背景にある価値観を探りたくなったのです。
見えた景色をここに更新し、自分の理解に繋げてゆきます。
風景の裏側には、必ず「数(数式)」が存在しています。インターネットの世界も同じ。
『表示』→『ソース』です。 いつも見ている画面ではなく、実体はコチラなのですネ〜。
それでは、伊野華絵(いのはなえ)が見た「数」の世界をどうぞ。
占星術(主にサビアンシンボル占星術)・タロット・姓名判断から観た「数」の原理
※占いはよくわからないヨ、という方はまずはじめに 「占星術・タロット・姓名判断とは」 からどうぞ。
占星術・タロット・姓名判断とは
数値: 1〜10の世界
数値:11〜20の世界
数値:21〜30の世界
数値:31以上 の世界
更新日:2015/8/29 (数値 31以上の世界 を更新しました)
占・数の丘
ヘルメスの丘 Top