マクロとミクロとお釈迦様
〜伊野華絵の「ヘルメスの丘(ブログ)」より抜粋〜
内と外
誰の言葉かは忘れてしまったのですが、こんなことを聞いたことがあります。
「瞑想していると、身体から離れた意識は拡大しひたすら遠くへいくように感じるのだけれども
それは同時に自分の体内の中に小さく、小さく入って自分の身体の中を旅しているような気もする。」
不思議だなあと思って聞いていました。が、なんだかわかる気もします。
みなさん、「涅槃寂静」という言葉をご存知でしょうか?
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)とは、仏教用語で「悟りの境地」をあらわす言葉です。
この言葉、実は「数の単位」でもあるのです。
涅槃寂静=10のマイナス24乗 日常使う単位とは程遠い、小さな小さなミクロ世界です。
では、「阿僧祇」という言葉をご存知でしょうか?
これも仏教用語で、「数えることのできない」という意味だそうです。
阿僧祇(あそうぎ)=10の56乗。これまた日常生活の中ではあまりなじみのない、
大きなマクロ世界です。面白いですね。宗教的な言葉の中に「数の単位」になるものがあるなんて。
そして、最初の話題に戻りますが、
瞑想して意識が遠くへいくのは、あたかも阿僧祇の方向へ進んでいるようで、
同時に涅槃寂静へも向かっているのではないかな、とわたしは思うのです。
理由はわからないけれど、直観的にそういう気がするのです。
だから、外へ行けばいくほど、実は内へ内へ、とベクトルは向けられる。
よく、ひとつのことを探求しつくすと、そこに「世界」が生まれて他のことにもあてはめ
物事を見られるようになるといいます。
これは、上述の瞑想と逆で、内へと向けられたものが外側に拡大していた、
ということではないでしょうか。
内と外は、どんどん進んでいくと内に向かっているのか外に向かっているのか
わからなくなるということなのでしょうか・・・。
たどり着くところが同じだ、と思うのかもしれませんね。
人の振り見て我が振り直せ
あらっ、急にこの言葉を思い出しました。・・・同じことを指しているようにも思えます。
内と外。深いなあ・・・。
みなさんはどう思われますか?
「涅槃寂静」=10マイナス24乗を知ったとき、私の身体に衝撃が走りました。
漢字文化圏での数の単位を調べると、仏教用語が頻繁にあらわれています。
 
大数:マクロの世界へ 小数:ミクロの世界へ
漢数字 数値 漢数字 数値
一(いち) 100 一(いち) 100
万(まん) 104 分(ぶ) 10-1
億(おく) 108 厘(りん) 10-2
兆(けい) 1012 毛(もう) 10-3
京(けい) 1016 糸(し) 10-4
垓(がい) 1020 忽(こつ) 10-5
禾予(じょ) 1024 微(び) 10-6
穣(じょう) 1028 繊(せん) 10-7
溝(こう) 1032 沙(しゃ) 10-8
澗(かん) 1036 埃(あい) 10-10
正(せい) 1040 漠(ばく) 10-12
載(さい) 1044 逡巡(しゅんじゅん) 10-14
極(ごく) 1048 瞬息(しゅんそく) 10-16
恒河沙(ごうがしゃ) 1052 刹那(せつな) 10-18 
阿僧祇(あそうぎ) 1056 虚空(こくう) 10-20
那由他(なゆた) 1060 清浄(しょうじょう) 10-21
不可思議(ふかしぎ) 1064 阿摩羅(あまら) 10-23
無量大数
(むりょうたいすう)
1068 涅槃寂静
(ねはんじゃくじょう)
10-24 
「華厳経」の第四十五巻、阿僧祇品第三十という箇所には、無量大数をも超える命数法があるそうです。
仏教の中にちりばめられた数の世界。悟りを開いた人の眼には何が映っていたのでしょうか。
科学と宗教は対立した分野として見られがちですが、登るルートが違うだけで同じ頂上に辿り着く?
さて、もうひとつ。以下の動画でも、マクロとミクロの世界をお楽しみいただけます(^−^)
占・数の丘
ヘルメスの丘 Top