占と数の関係
数の概念と人類の歴史は切っても切れない関係です。
「数」は、物の数量や順序をあらわすための概念として、人類が創作しました。
人が地上で多くの他者と共有し円滑に生きるには、数の概念とそこから生まれた単位や体系が
不可欠で、それをもとに人間は発明し、自然界の様々な法則を発見し、社会的に発展しました。
コンピュータの世界も数値のという概念があってこそ成立していますね。
古代の人々は、太陽や月などの天体で一定のサイクルを把握し、年・月・日という時間の単位を
創出しました。それが「暦」となっています。時代や場所により多くの異なる暦があります。
日本も1873年に今の「グレゴリオ暦」に改暦する以前は、太陽太陰暦(旧暦)を使用していました。
生年月日をもとにする占術はこの旧暦と密接に関連しているものが多いです。
私が「数」に興味を持ち始めたきっかけは、暦に密接に関係する占術の世界でした。
主に西洋占星術・タロットカード・姓名判断に慣れ親しんでいますが、ジャンルは異なれど
各々の体系は「数」が軸であるという見方を知りました。
占いの世界での数は、現代私たちが数学や物理等を通して学ぶ「数・数値」の捉え方の視点とは少し
異なるようです。「3には 生産性、発展の意味がある」とは 算数の授業では習いませんね(笑)。
数量や順序だけでなく、「」について学ぶと数はもっと面白いものになるのでは?
占術の世界を通して私はそう感じています。
ここで、西洋占星術・タロットの世界を通しての「数」の面白さを知るきっかけになったある方の
著書の冒頭をご紹介します。
サビアンシンボルは、サインの度数の1度ずつに詩のような短い文章があり、このシンボルを解釈するものです。
<中略>やはりシンボルというものは中心的な役割にはならず、むしろ軸になるのは数字の意味であり、
シンボルとしてのイメージは、その周囲にまとわりつく周縁的なものであると考えることになりました。
もちろん、ルドルフ・シュタイナーのいうような自我・アストラル体・エーテル体・肉体という人間の構造からしても
そのように思えます。シュタイナーは自我の特徴は記憶の継続であるといいますが、記憶の継続とは同じ特質の
ものを統合化して、共通のものを串刺しすることで座標を形成する、つまり線を引いたり図形に配置したりすること
にとても似ています。詩のイメージは、動物質としてのアストラル体に該当し、数字のロゴスや骨格は自我を構成
するものに対応するのです。<中略>数字とイメージは、骨と肉のような関係ですが、骨がしっかりしないと、
肉は崩れてしまいます。感情が自我よりも強い人は、脊髄が揺らぐような感じで、何が真実か全くわからなく
なったりどうどう巡りしたりする人生を歩むことになります。<中略>サビアンシンボル占星術にしても、シンボルは
二義的なもの、中心は数字であるという観点から、本書のようなものを書くことにしました。シンボルから真実を
探ろうとすると、脱線の果てに意味不明になるのですが、数字を中心に考えると、異なるシンボルにも共通点とか
法則性がたくさん見つかります。私はタロットカードに関してもたくさんの本を書いていますが、タロットの意味は、
絵柄が中心ではなく、まずはその数字が中心であり、それにしたがって絵柄はいくらでも変化するという主張で
書いているので、本書のコンセプトと何一つ変わらないです。数字の統一性が軸になって展開されているから
こそ、塔の次に星、星の次に月、そして太陽のカードへと推移していく理由が理解できるのです。
〜「ディグリー占星術」 松村潔著(説話社)P2-3 「はじめに」より引用〜
「数」を骨子として占術の世界をもっと探究したいと思ったのは、松村さんの考え方に強く影響を
受けたことと同時に、東洋占術である「姓名判断」での数に対する考え方に触れたからです。
そこには共通点と相違点があり、それが私の好奇心・向学心を刺激しました。
サビアンシンボルを利用した占星術、タロットカード、そして易学のひとつである姓名判断。
「数」を軸として、西洋・東洋占術の世界観を比較してみたくなりました。
占いと数から、人が場所や時代を超えて持つ価値観の交点(最小公倍数)を探る。
それはまるで、ヘルメス から背中を押されているかのようです(^-^)
次ページの「西の眼・東の眼」では、各占術がもつ「数」に対する考え方を比較しながら、
数の世界をさらに掘り下げてみたいと思います。
西の眼・東の眼
占・数の丘
ヘルメスの丘 Topへ