占星術・タロット・姓名判断とは
占星術 〜ASTROLOGY〜
占星術とは、太陽や月、太陽系内のその他の惑星あるいは太陽系外の恒星の位置・動きが
人間や社会・国家の動きと結びついているという概念のもとにつくられた 占術体系です。
占うために作られた天体配置図をホロスコープといいます。それは円形で、ピザ生地を切るように
360度を12分割したスペースと、天体の配置・十二星座や元素(火・風・水・土)の性質などと
絡めて、総合的にかつ理論的に読み取ってゆく占いです。天文学者=占星術師の時代が過去に
ありました。星の動きは国の運命も左右するとみなされ、国家の重要な役職にある、限られた
人間にのみその観測を許されていたそうです。平安時代に 弘法大師・空海さまが
「宿曜道」を大陸から持ち帰られたことをご存じの方も 多いのではないかと思います。
占星術は世界各地で生まれていますが、私が特に学んでいるのは西洋占星術です。
西洋占星術といっても時代とともに扱う人々の概念も変化し、枝葉がわかれてきています。
ウィリアム・リリーに代表されるような古典占星術をあつかう方もおられれば、全く新しい
星の観方を試みている方もおられます。 私が 「数は 面白い!」と思うきっかけに
なったのは 「サビアンシンボル」を使った占星術でした。それは比較的新しいもので、
ホロスコープ(天体配置図)の360度を1度ずつに細分化し、その1度毎に「シンボル」を
あてはめているのが特徴的です。割り当てられたシンボルを読むだけでも楽しいですが、
数と占いの関係のページ でご紹介した松村さんの見解のように、シンボルは肉であり
軸となる骨は「数」であるとし、1度なら「1」、24度なら「24」という数の持つ意味
をつぶさにみてゆくと非常に面白いのです。(サビアンでは、360度が12サイン(「おひつじ」から
「うお」までの12サインのこと)に分割され、1サインの中に30の度数があります。)
私はこれと、他の占術の「数」の世界と比較してみたくなったのでした。
タロット 〜TAROT〜
今は占い用のカードとして誰もが知るところですが タロットの来日は 昭和40年代後半。
起源は諸説あり、未だ不明とされていますが 一般に西洋系の占いとして認知されています。
西洋占星術と一緒にされることが多いですが、星の動きを綿密に調べて(特に古典占星術)
理論的に鑑定する占星術とは異なり、タロットは超感覚的な感性を使う占術です。とはいえ、
そこにはしっかりとした「数」の原理が根底に流れていますから不思議。これまた面白い。
カードの説明を少し加えると、タロットカードの標準は22枚の大アルカナ(絵柄のカード)と
56枚の小アルカナ(四元素にもとづく数札としてのカード ※トランプを思い浮かべてください)の
合計78枚で成り立っています。特に、0を含め、1から22までの数の意味づけは面白く、
東洋占術の姓名判断の数の世界と比較するとこれまた興味深い結果がでてきます。
姓名判断 〜Name Reading〜
「名は体(態)をあらわす」という言葉をお聞きになったことがあるかもしれません。
例えば、伊野華絵(いのはなえ)は、この(伊=これ、の意)野の花(華)の絵 です。
リラックスして名前を眺め、ふうっと浮かんだ風景が自然体で気持ちよいならば、人間に
馴染むする良い名前だと言われています。その人に似合った服や靴を着用することと
同じと思ってください。
「姓名判断」の世界にも数の原理がしっかりと働いています。姓名判断上、名前とは
祖格・主格・地格・外格・社会運・家庭運・総格など合計種の格数の組合せで
構成され、主に 「数」と「文字」 が運命という風景を絶妙に表現しています。
以上、占術から見る「数の世界」を楽しむために補足的に占いの説明を書きました。
興味がある方はぜひご自身で占術の世界ものぞいてみてくださいネ。
ここでは簡単すぎるほどの量で記しただけです。占術はそれはそれは深淵な世界なのです。
それでは、次ページ・占術から見る数値の世界へどうぞ(^−^)
数 1〜10の世界
西の眼・東の眼
占・数の丘
ヘルメスの丘 Top