9の不思議
9×9=81
9×9=81(くくはちじゅういち)。 九九(くく)の一桁同士の掛け算の最後です。
これには特別なつかしい想い出があります。仕事で縁が深かった人からの頼まれ事に伴い、
こっそり暗証番号を託されました。「それは 9981(くくはちじゅういち) だからヨロシクネ」と。
随分前のことですが、なぜか時折それを思い出し、可笑しくなります 不思議なことに
この想い出が、今こうして書いていることへ引き金になったように感じます。
神戸に転居して間もない頃、お気に入りの散歩道を探そうと近所を散策していたときのこと。
後方から私を追い越していった、大きなトラックのナンバープレートが目に飛び込んできました。
99-81
あらっ。あの人と私の間のヒミツの番号だ!   ふうっと懐かしさがこみあげました。
と同時に、なぜか9の数字や九九の公式ががポンポンと頭の中に浮かんできました。
・・・9×9=81(くくはちじゅういち)。えっと9の位の九九は・・・
9×1=
9×2=18
9×3=27
9×4=36
9×5=45
9×6=54
9×7=63
9×8=72
9の九九がずらっと脳内に並んだところでおやっと思いました。・・・あれえ!?
赤字(上記)の数字の単数を全部足しても になる・・・!
18 → 1+8=
27 → 2+7=
36 → 3+6=
45 → 4+5=
54 → 5+4=
63 → 6+3=
72 → 7+2=
もっと数値が大きくなっても同じなのかしら?・・・頭の中で9が絡む掛け算が駆け巡ります。
               9×11= →  9+9=18 → 1+8=
               9×24=216 →  2+1+6=
               9×117=1053  →  1+0+5+3=
               9×1685=15165 → 1+5+1+6+5=18 → 1+8=
・・・やっぱり!帰宅してさらに詳しく調べてみると、
9の倍数は、その各位の数字の和も9の倍数であり、数字根も9 だったのでした。
※数字根とは: ある数値を表す数字を全て足し、結果の数値の数字を全て足し、という操作を繰り返し、
最終的に得られる一桁の数字を指す(Wikipediaより引用)
数字に詳しい人から見れば、「そんなこと?」のレベルかもしれません(笑)が、私にとっては
アッハ体験」でした。自分で発見したことが嬉しかったのです。さてここで、占術の世界から
9という数字をのぞいてみましょう。
 タロットカードでいうと、9番目は「隠者」にあたります。西洋占星術で9番目のサインは「射手座」。
どちらも高い「精神性」を表しています。
すべてを統合化し欠けたものがなく 十進法のまとめとしての存在
9の数字は、9番目のサインとしての射手座あるいは9ハウスです。またタロットカードの9の「隠者」ということを
参考にしてもわかるように、哲学・思想・旅などを意味します。
 段階的にグレードアップしていき、だんだんとレベルが上がっていくという特徴があります。そして
旅という意味では、模索し、また応用的に考えたりもします。
 9は十進法の数字の部品、すなわち1から9までの間では最後のまとめであり、つまり統合的に
考えるということです。数字がそれぞれロゴスを表し、人間の意識の働きの基本的な要素を
示すものだとすると、それらをすべて統合化した9は欠けたもののない状態を示しています。
 環境に依存しないということから、縛りから解き放たれ、すべてを持って、自由に旅をするという意味になります。
〜「ディグリー占星術」松村潔著(説話社)P100 より引用〜
このように、数字を公式の中だけでなく、タロットや星の世界からのぞいてみるとまた面白い。
さらに面白いのが、タロットや西洋占星術は上述のような表現ですが、「姓名判断」という
東洋占術の世界から数字の9をのぞくと、9=「苦」 苦労を伴う、となるのです。
名前の格数で「9」があると苦労の暗示があります。
占術にもそれが生まれた場所・時代・歴史が「価値観」としてしっかり背景にあるのです。
こういう比較が私にはとても面白く感じられ、どこにでも貫通している「数」の世界をもっと
探求したいと思っています。
占・数の丘
ヘルメスの丘 Top