数 31〜40の世界
「ねぇ、伊野華絵チャン。数ってどんな世界なの・・・?」(奈良公園の鹿さんより (^-^) )
31以上の数の世界は、姓名判断の独壇場で進めたいと思います。
タロットは大アルカナがから22まで、西洋占星術(特にサビアン占星術の度数)は
から30という数値からの観測でした。一方、姓名判断は80進法ですからまだまだ続きます。
分解した数も表記しますので(例:32=16×2)、分解した数が掲載されているページも
チェックしてみてくださいね。
31
31はなぜか「知的職業」に向いている人がもつ数としてよくみかけます。
知的職業とはたとえば医者、弁護士など。他の少し特殊な職業に適性があります。
人生、仕事がすべてではありませんが、生き方と仕事(=職業)は切り離せない関係にありますから、
姓名判断の世界では、適職につくかどうかということは運命の流れとセットで重要視されます。
31はズバリ、「素数」です。
※素数とは、1とその数自身でしか割り切れない数のことです。
32
32。さんじゅうに。サンジュウウニ。。。この数は・・・16×2であり、2×2×2×2×2です。
32は、姓名判断の世界では解釈が大きく分かれるようです。徹底的に避ける場合もあれば
吉数とみる流派もあります。私が縁のあった先生の考え方は前者です。
この数の扱いは非常に難しい、とのこと。何が起こるかわからん・・・だからコワイのだそうです。
先生は、「16」という数も時によっては扱いに困ると言いますので、16と32は共通の内在要素が
あるのでしょうね。16×2。もっと分解すると、2の4乗か2の5乗ということ。そしてどちらも偶数(陰)
ですね。
33
33は、とても元気なリーダーシップ運です。リーダーシップ運の代表格は「21」ですが、この数もその
要素はあります。ただこの数、ちょっと注意したほうがいいのが食生活。なぜなら、糖尿病と関連が
あるからなのです。33=11×3。11も3も吉数とされています。そしてどちらも奇数=「陽」ですね。
34
34は苦行数といえるかもしれません。人生に過酷なチャレンジを設定して生まれてきています。
命名する場合は避ける数のひとつといえるでしょう。ただ、上述の「32」とはまた違うようです。
先生は、「コワイ」ではなく、「過酷だなあ」とぼやきます(^^;)
34は分解すると、17×2です。「17」は勢いや攻撃力がある数ですね。
35
35は、私の個人的な鑑定データをさかのぼってみての印象ですが、「おとなしい」数です。
おとなしいので特徴をつかみにくく、「普通っぽく」見えてしまいます。無難ともいえますが、穏やかすぎて
よい意味の個性がでてこないです。協調性はあるでしょう。
ユニークな人ばかりに囲まれている私としてはちょっと物足りない気がします(^^;)
35=5×7 です。「7」は17と同様、攻撃力のある数なんですけれどネ・・・。
36
36は、頑張りがきくのでそこそこ上昇気流に乗れるのですが、それがずっと続くかというと難しい。
独立心や冒険心も旺盛ですが、何かの拍子にスルっとすべってしまうことも。我流と協調性と
人間関係のバランスが重要です。
36=4×9です。さらに分解すると、2×2×3×3です。
37
37。ジャーン(^^) ひさしぶりに威勢のよい数が登場です。
37は独立心と成功運を兼ね備えている吉数といわれています。(ちょっとした条件付きですが・・・
人間関係を上手に保ちつつも、人を頼らず独立独歩でがんばってほしいですね。
37は、「素数」です。
※素数とは、1とその数自身でしか割り切れない数のことです。
38
38は、文芸や芸能方面で力を発揮できる数です。アート関連に強いのですね。
陰陽・配列・文字・音域など、鑑定には他の条件ももちろん加味することが必要ですが
(それはあらゆる数についてそういえます)、総格(名前の各々の画数をすべて足した数)が
醸し出す数の特徴は絶対に無視できないと言います。
一芸に秀でた人がこの数を総画に持っていると、(^−^)でしょうネ。
38=2×19 です。
39
39は「天下取り」の数といわれたりしますが、天下を取るために気力体力行動力がある場合に
実現します。先天的にそれがない性質の人がこの数をもつとこの数のエネルギーに逆に圧倒
されてしまい、コントロールがきかず大変です。数はその人がもともと持っている「種」と同期している
(=一致している)必要があるのが姓名判断の奥深さです。
39=3×13 です。
40
10・20・30に続くゼロ格の数です。
天才的側面を持ちつつ・・・消える終末といわれます。飛行機事故も含め、海外でのトラブルや
特殊な環境でのハプニングに注意が必要です。「4」も含まれますから「難」がでるのです。
ゼロは基本的に急激な変化があるので、ゼロを含む名前は、眼力が相当に必要だと思います。
40=4×10 さらに分解すると、2×2×2×5 です。
〜更新日: 2015/8/29 〜※2017/9/18 若干修正済
占星術・タロット・姓名判断とは
西の眼・東の眼
占・数の丘
ヘルメスの丘 Top