数 21〜30の世界
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
さあ、21から続けます〜(^−^)
21
姓名判断上では、この21格は完全に「リーダー運」(人の上に立つ)を持っています。
リーダーになりたい人でこれがないと厳しいかな・・・。(とはいえ他にもリーダー運の数はあります)
タロットの世界ではどうでしょうか? 21番目には、「世界」のカードが割り当てられています。
このカードは、大アルカナ(絵札の22枚のこと)の締めくくりのようなカードで、四隅を四つの元素
(火・風・水・土)を象徴する天使・鷲・獅子・牛に囲まれた男性とも女性とも判別のつかない人間が
中心に描かれています。
このカードの意味は、世界・社会、総合的な力、成功・完成、物事の終焉などを表します。
西洋哲学で示される、「世界を表す四元素」をすべて支配しているのですから、それは人々をひとつ
上の段階から統率する「リーダーシップ力」ともとれます。
21は2+1=3ですから、12との関連もあり、そのどれも「創造性」や「生産」を表します。
サビアン度数ではどうでしょうか。
<乙女座21度>A girl's basketball team. (少女のバスケットボールチーム)※P176より引用
協力関係によって、達成したことのないような業績を達成する働き能力の絶頂点を表します。
21度は「活動力のピーク」を表しています。テンションが最強に高いのですね。すこしやりすぎの感も
あるのですが、バイタリティでへこたれません。東洋占術(姓名判断)に見える「リーダーシップ力」に
共通するシルエットがしっかり見えますね。
21は、「統率力、リーダーシップ力」をもつ数といえそうです。
22
この数は東洋では「器用さ」を表します。例えば、人が驚くようなサイケデリックな絵を描く人。
22は「脳波」に特殊な影響があるようですが、過ぎると「脳波が狂った運命」になります。
脳に関連のある病気にも注意が必要ですね。IQが高い人がよくもつ格数です。
私、この格数を持つ人はお名前を確認する前になんとなくわかります。匂いっていうんでしょうか。
あれ、この人・・・と思って確認するとやっぱりあるんですよね、22が。かくいう私も持ってます。
タロットの世界ではどうでしょうか?
実は0(ゼロ)あるいは数のない、あるいは22番目のカードだといわれているカードがあります。
それが「愚者」のカードです。気ままに旅する自由人的シルエットで描かれています。
●●と天才は紙一重・・・といいますが、愚者は何物にも属していないからこそ「マルチ」なのです。
ルンペンでありながら、奇想天外な発明・発見もできるかもしれません。皆ができない
考え方・行動ができる、という視点でみると、22画の「器用さ」「特殊な脳波」と繋がってきますね。
サビアン度数を見てみましょう。
蠍座22度Hunters starting out for ducks. (アヒルに向かって進み出るハンター達)※P182から引用
ざわざわした自分の中の攻撃的な心を落ち着かせるために、遊び的精神で気持ちを発散させる
ことを表します。ガス抜きによる着地。
この度数を持っている人は、「場を支えるような不思議な力」を備えているようです。22は2+2=
ですね。4は「安定・定着」の意味があり、前の21度のテンションの高さを一度落ち着かせる
場所なのですね。場を支える、人を落ち着かせる安定感がある人は、何か特殊な脳波、
そして器用さを発揮している・・・のかも?と東洋と関連づけてみました。
22は、他ではない「パワースポット的な」要素を持っている数なのかもしれません。
さて、「タロット」については、この22までです。なぜなら大アルカナカードが22枚だからです。
この後は主に、東洋(姓名判断)と西洋(サビアン占星術)で比較してゆきます。
23
名前に23格を持つ人は「お酒」が好きな人が圧倒的に多いです。もしくはまったく飲めない人。
この両極端の傾向がある人たちに見られる数です。
また、「よし、任せておけ!」というガッツ、頼りがいがある人です。男性的な面が色濃くでますから、
女性でこの数があると、男性的要素を持っていることが多いです。それが良くも悪くもでますが、
それは他の数との組み合わせや文字・陰陽との関わりで多種多様です。
タロットに23はないですが、2+3= で見てみると、教えを受けたくなるような、「法皇」的
存在感がある数なのですね。
サビアン度数をチェックしましょう。
蟹座23度Meeting of a literray society. (文学会の集まり) ※P187から引用
文明や文化、共同体などに対して、柔軟に批判する力が生まれます。それは文化を遊ぶことで
育まれます。この人から意見を聞きたがる人がたくさんいます。
23度にはユーモア、遊びがあります。21度のハイテンションも22度の着地もどちらもこなせるのです。
面白いことに、西洋占星術の5番目のハウス(ハウスはホロスコープを12分割した各部屋のこと)
が意味するひとつに「娯楽(=遊び)」があります。5という数字は「遊び」が含まれているのですね。
法皇も意味されることを考えると、大人ならではの高度な遊びのようですね(^−^)非常に応用力が
あるのです。・・・おや、お酒も大人の嗜み(遊び)とも言えますね・・・!
23は、成熟の後でこそ活用できる応用力、といった数でしょうか・・・?
24
24は、とても穏便で平和な吉兆運なのですが、複数あったり組み合わせによってはそれが
驚くほど裏目に出ることもあるようです。犯罪者といわれる人にもチラチラこの数が見えます。
姓名判断は奥が深い、うーむと痛感させられる数のひとつがこの24かもしれません。
2+4=6 ですから、6の数とも比較してみてください。穏便さのキーワードは共通点がありますね。
サビアン占星術ではどうかというと、
24は、「限度なく、どこまでも深入りする」度数とされています。
獅子座24度An untidy, unkempt man. (身だしなみの整っていない男) ※P194から引用
獅子座の表すクリエイティビティや高揚感を、なりふり構わず徹底して追求する姿勢を表します。
創作において強烈なパワーが生まれ、諦めることがありません。
サビアンでは、30という枠組みで数字を考えています。なぜなら12サイン(星座)の各サインは
1から30度まであるからです。(360度÷12=30度)その中で6という数字は、6、15、24の
3つです。そして、最後の6のパターンである24は6と15の要素を両方持っていると考えます。
6は偶数、15は奇数。6の受容性15の押しだす力、両方を発揮しつつどんどん深入りする。
これが24の姿だと考えます。
東洋から見る世界との共通項はなんでしょう・・・? 東洋が「吉」ととらえる側面は「6」の要素であり、
凶と出てしまうようなたとえば犯罪者にみる画数・24の側面は、15(タロットでいう悪魔)の
ダークな要素と同じ、と考えられるでしょうか?
24は温和であるけれどもエスカレートすると別な面が出てくる数、といえそうですね。
25
活気があってとてもよい数のひとつですが、「口災」に気を付けなければならないのがこの数です。
「あ、言ってしまった」でスルっとコケてしまいます(^^;) 人間関係や信頼は築くまでに時間が
かかるものですが、失うのは一瞬ですもの、ね。気をつけましょう。とはいえ、私利私欲にまみれなけ
れば十分何かを達成できると期待してよい数です。
2+5=7。7の数も参考に見てみてください。元気いっぱいな要素は共通していますね。
サビアンも見てみましょう。
水瓶座25度A butterfly with the rifht wing more perfectly formed. (右の羽がより完全に
形成されている蝶) ※P201から引用
心身のすべてに対しての意識的な管理と発達によって、理想的な人間像を形成しようとします。
それは時代の流行には全く振り回されない、客観性を持ちます。
25度は「完成した結晶」として表現されています。そのサインの中ではピーク点となります。
2+5=7の という数字が強く影響しています。7は音階で言えば、ドレミファソラシの「シ」で、
次のオクターブに移る直前の音なのです。つまりセットの中の最高点(ピーク)ということですね。
25度で完成させておいて、30度までのあと5度は次のサインまでのバッファ扱いです。
占星術の技法で「5度前ルール」というのがあります。サインの境界線の5度前以内に天体が
位置していたら、その天体は次のサインに滞在していると見なして鑑定します。
25は、(ある範囲において)完成に達する数、といえそうです。
26
仙人のような雰囲気が漂うのがこの26です。どこか孤高なのですね。人から理解されにくい境地を
もっている格数です。孤独といっても色んな孤独がありますが、この26格は位置が違いすぎて
人をよせつけないような孤独さでしょうか。26をもつ人、私の周りになぜだかワンサカおられます。
私自身にはないのですが。。。いつも、「この人もだ。・・・不思議だなあ」と感じています。
さて、26のサビアン度数はどうでしょうか。
山羊座26度 A water sprite. (水の妖精) ※P207から引用
伝統や歴史の中で積み重なってきた良質な文化を味わい、その路線にそって芸術的文化的な
能力を発揮し堪能する人を表します。
26度は「完成したものを味わう」とされています。2+6=8 ですので、8、17、26の3つでも考えます。
8の数17の数も参考にしてみてください。
東洋で表される26の「仙人」は、25度で完成された結晶を味わっているから他と違う境地に
いるのかもしれませんね(^−^)。本人は全然孤独感がないのが26格の特徴ですから(笑)。
26は、周囲とは違う境地で何かを得ている数、といえます。
27
27は非常に力があるのですが、「中途挫折」しやすい数です。頑張り屋でそこそこいくのですが
何かしらの理由でやっていることが頓挫してしまう。最後までやりきれないということがあります。
そこを踏ん張って最後に花を咲かせられるかは、他の画数との組み合わせによります。
2+7=9 「苦労数・9」との関連性も無視できなさそうですね。
サビアン度数では、どう表現されているでしょうか。
双子座27度 A gypsy coming out ot the forest. (森から出てくるジプシー) ※P211から引用
自分の知性や能力に自信ができた人が、より大きなチャンスを求めて街に出かけ
チャレンジする状態を表します。
27度には「努力によって上昇する」というキーワードが充てられています。この「努力」の部分が
東洋で示唆する苦労、つまり2+7=9に見えてきますね。やはり9は「隠者」の道なのです。
27は、黙々と努力してさらに上昇してゆく数、といえそうですね。
28
28。・・・悲しいかな、さびしさがまとわりつく数です。26とはまた違った「孤独さ」です。
総画にあると老後の状況、病気も心配になります。それでもまれに歴史に名を残すほどの人も
現れるようですからこれまた奥が深い姓名判断です。他の数との組み合わせ、全体のバランスが
鍵なのでしょうね。2+8=10 ですから、1と10の数も参考になさってください。
さて、サビアン度数はどうでしょうか。28は「過去を踏み台にして突破する」と表現されています。
魚座28度 A fertile garden under the full moon. (満月の下の肥沃な庭) ※P219から引用
自分の意思を持てばその意思によって宇宙的エネルギーの素材が反応し、その意思をかたちにする
現象を発見することになります。受動的になれば反対に飲み込まれる。前進する気力を発見します。
サビアンでは25度以降は次のサインへの準備領域ということですが、この28度で次へのサインの
突破口が見つかるとされています。また、1年を28で割ると13が登場するということで、
あ28の裏には13の数も関わっているという考え方があるそうです。グレゴリオ暦では1年は12カ月
ですが、1年を13カ月と提唱する考え方もあるようですね。ちなみに女性の月経周期は約28日です。
これは月の周期と同期しています。
28は、27と少し似たところがありますが苦労の末の目標達成の数、といったところでしょうか。
29
お商売したい方、いらっしゃい!それが29です。事業運がタップリあります。
ただ、「稼ぎたい・儲けたい」という願望はいわば「欲」が出ますので、強欲になりがちです。
心の位置を高く保ち上手に発揮できる先天的良運に恵まれていない人がこの数を持つと
逆に欲が「必要悪」になってしまい、欲にまみれた運命となります。。。
事業運を人としての徳をもって上手に発揮できる人は、数少ないようですね。。。
一方、サビアンではどうでしょうか。
双子座29度 The first mockingbird of spring. (春の最初のモズ) ※P223から引用
蟹座を手前にした双子座で、双子座は個人、蟹座は集団を意味しますから、集団にアピール
できる個人を意味します。
29の度数は「価値の比較」とされています。2+9=11 ですから、11、20も参考にします。
これはサイン最後の30度を前にして、今まで積み上げたものに対し反対の動きをとる度数です。
2は1を2つに割ったものですから自分と相手がいます。相手を認識したからこそ
反対の動きができるともいえます。1から28までに体験したプロセスと次のサインを見比べ、
移行への動きを始めます。川の向こう側は見えているのですね。事業家は常に全体の把握と
先手(川の向こう側への移行)必勝ですから、東洋の捉え方(事業運)とエッセンスは似ている
ともいえるかな。うーん、少し難しい。ただし熟練した目で世界を観ていることは確かですね。
29は、今までのプロセスの俯瞰と次なる動きへの確実な判断、といったところでしょうか。
30
10、20と同様、いわゆるゼロ格数です。天才的要素を持ちながら、突如消滅したり失脚するので
安定性はありません。特に30は、ふっと霞のように消えてゆく、といわれています。
30は、12、21(このページのトップ)の数も参考にしてみましょう。それらの要素も含んでいます。
サビアン度数では、30度は「サインを吐き出す」というまさにサイン最後の締めくくり行為です。
蠍座30度 The Halloween jester. (ハロウィンのわるふざけ) ※P230から引用
それまで恐ろしい引力や迫力を持っていた蠍座のパワーが失われて、怖い形相をしていても
笑えるといったパロディ化された状況が現れています。既に蠍座に対する執着心がなくなったところ
から見ると、蠍座の怖さはそのように見えるということです。
東洋占術で「ゼロ」を忌み嫌うのは、「突然の変化、失脚、消滅、終わり」を暗示するからです。
西洋占星術のホロスコープという円で眺めると、30度は確かにそのサインの「終わり」です。
占星術的にも30度やそれに近い終わりの領域は、土星や火星というマレフィック(凶の意)な
要素がどうしても含まれますから、東洋と似た視点は持っているわけです。
ただ、終わるからこそ次のサインへ移行し、新しい「1」が始まるのですね。
終わりをどうとらえるか、で色んな視点が生まれそうですネ。
30に限らず、「0」がつく数はやはりある範囲での「終焉」の意がつきまとう数、です。
さあ、これで30までの数が終わりました。31からもまだまだ続きます。
マイペースながら徐々に更新してゆきますので引き続きどうぞお楽しみに。
〜更新日: 2015/7/13 〜
※このページで紹介しているサビアン度数は以下の書籍から引用しています。(オススメです。ぜひご一読を)
「ディグリー占星術」(松村潔 著/説話社)
数 31以上の世界
占星術・タロット・姓名判断とは
占・数の丘
ヘルメスの丘 Top