数 11〜20の世界
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
まだまだ続きま〜す(^−^)
11
姓名判断上では「神仏からの縁」を表す特別な数。それが11です。奇数・陽です。
神仏縁は、計り知れない力を持ち本人にわからないように難を遠ざけるといわれています。
ただ、11格が複数あると意味がおそろしく変質します。。。×△※(@_@)?
詳しくは複雑すぎるので、ここでは避けます。
さて、タロットの11番はどんなカードでしょうか?
これが実に面白い(^−^)。 「力」(ちから) のカードなのですが、(小さくて見にくいかもしれませんが)
なんと、「素手でライオンの口をつかんで開けている姿」が描かれています。この姿、
奇跡ですよね?まさに、「人知を超えた」神通力です。このカードはそういう意味も持っています。
面白いでしょう?このような東西合致のケースに出会うと占術をやっていて楽しくなります。
西洋占星術の側面からはどうでしょうか。サビアンシンボルでの11度は非常に「テンションの高い」
性質をもっている度数として扱われています。この世界では、10進法の考え方が多いですから、
その10を超えて新領域に一歩踏み出す「11」は未来への第一歩ともいえますね。
<水瓶座11度>Man tete-a-tete with his inspiration. (自分のひらめきと向き合う男)※P117より引用
自分自身のひらめきを通じて真実の知恵を開発しようとします。その時に、一般的な常識や書物は
あてにならないことを十分に理解しています。
11は、「見えない力、未知の領域」との接触・遭遇する数といえそうです。
12
この数は不思議な数です。「12」のページをいつか単独で創ってみたいと思うほど。
1年は12カ月、1ダースは12、12時間は半日・・・。12は「単位」としてよく登場しますね。
姓名判断では、12という数字は、人気運がありつつ実力が発揮できない、あるいは実力不足
といわれています。偶数で「陰」。12格の名字は実に多いのですが、なぜ実力が発揮できなく
なる数なのか・・・私にはまだ謎です。
タロットの世界で12を見てみましょう。
12番のカードは「吊るされた男」。ブラーンと逆さまになった人物が描かれています。
たしかに思うように身動きがとれない姿。これなら、「実力が発揮できない」のもわかるような?
そう思うと東西でイメージの共通点がありますね。
ですがこの吊るし男さん、どこかひょうひょうとしていてあまり苦しそうには見えないのです。カードには
「停滞」や「忍耐」という意味がありますが、他にも「別の視点から物事を見る」「瞑想する」
など、「逆さま」というシルエットが通常とは異なった世界を表現していますね。
12は偶数ですから力のベクトルとしては内向きとなります。
西洋占星術の世界では「12」は重要な数値です。まず、星座はおひつじからうおまでの12星座
で構成されています。また、ホロスコープといって星の配置を示す図は12のハウス(部屋)に
分割されています。西洋だけではなく、東洋でも干支は子から亥までの12支ですから、暦にもとづく
占術とこの12という数値は密着した関係にあるようですね。
サビアン度数ではこの12度は、未開拓なものを奥底から引っ張り出して来たり発掘する力を
持っているとされています。吊るされた男のような普段とは違う異常な状況から、誰もが通りすぎて
気づかないようなところから天才先なものを見つけてくるのですね。
天秤座12度Miners emerging from a mine. (鉱山から出てくる炭坑夫) ※P122から引用
知識の開拓を意味します。資料や本を探す能力など、知識的探究力を表します。
12は外へ発信する前(または発信できないかもしれないが)の内在した力を示しているのでしょうか。
12については、いつか別途さらに掘り下げてまとめてみたいなと思います。
13
13は、「弁が立つ」人の名前によく登場する格数です。おしゃべりで人気者。・・・ただ、数の組み合わせに
よっては「口八丁・手八丁」で策略的、信用ならない、という人物像が見え隠れしたりします。
もしくは口が災いの元となったり。 奇数で「陽」となります。
タロットの世界では、・・・ジャーン。そう、タロットといえば必ずといってよいほど話題になるカード、
「死神」です。だからタロットがおどろおどろしいイメージになってしまうのですが・・・。
ですが怖がることなかれ。これは「変容」や「新しい世界への移行」を象徴するカードです。変化を
嫌がる場合には怖いカードに見えるかもしれません。無駄をそぎ落とし、新しい道を切り開きます。
サビアン占星術では、この13はカリスマ性のある数とされています。
占星術では星座は12、サイン・ハウスも12ですからそれを飛び越える13という数は
枠を突出する意味が含まれているのでしょうか。
蠍座13度An inventor experimenting. (実験をしている発明家) ※P128から引用
人脈と人脈を組み合わせることによって、驚くことができるといった能力を表します。人を掛け合わせ
うことで、奇跡的なものを作り出すことになります。1人でやるという意味はなく、人とのネットワークや
組み合わせによって、新しいものを作り出すことになるでしょう。
13は「目立つ」「際立つ」数字ですね。うまく働けばその突出さが周囲に良い影響を及ぼします。
14
うーん。この「14」を名前の格数で遭遇すると、「苦労」「不如意」という文字がチラチラ浮かびます。
ヒーフー、と苦労性のような数なのです。でもそんな山を乗り越えたらきれいな景色が待っている
・・・ことも組み合わせではあるかもしれません。姓名判断もタロットも占星術も「部分」だけでは
判断しきれないことが多々あります。総合的に見る。占術はどれもそれが必要です。
タロットではこの14には「節制」というカードがあてはめられています。地上に下りた天使のカード。
余談ですが、みなさん天使はいると思います?私はまだ会ったことはありませんが、天使も人が
創り出した概念だと思います。ただ、いると思えば、います。想念が創り出しますから。
天使はみずがめを両手に持ち、器用に中の液体を移し替えています。これには相当な技が必要です。
集中力と慎重さ、それでいて完全なるコントロール力が求められます。それらがこのカードの象意です。
姓名判断の「苦労性」のイメージとは違うように思えますが、ただこう見てはどうでしょうか。
これは天使がやるからできる技であって、人間がこれをやろうとすると習得するまで「苦労」する
わけです(^^;)。時間がかかる=苦労する という式にあてはめれば14への東西の解釈に交点が
でてきそうですね。
さて、最後にサビアン占星術で14を見てみます。
14は、「特異なものを日常的に浸透させる」度数とされています。
タロットカードの天使が液体をひとつのみずがめからもう一方のみずがめに移し替えている姿は
AをBに移し替えるというより、AをBに浸透させているとも読めます。ゆっくりと。
天秤座14度A noon siesta. (正午の昼寝) ※P134から引用
無意識の領域にまで自分の意図を浸透させることを表します。そうすることによって発見が生まれ、
研究や探求の成果を上げることになるのです。
14は時間を要し(それが苦労とも言えます)ゆっくりと何かについて成果をだしてゆく数といえます。
15
この「15」は、姓名判断とタロットカードの世界観がまるっきり違うので非常に興味深いです。
名前で15格を持つと、その人は「人格者」です。温和でものの哀れも十分に理解できる人物です。
一方、タロットではなんと、「悪魔」が15番のカードにあてはめられているのです。あれれ〜。
「人格者」と「悪魔」では捉え方がずいぶん違いますね。
ただ実は、姓名判断で15格が複数表れているとジキルからハイドに変身してしまうのです。
同じ格数があることを易学(姓名判断)では非常に忌み嫌います。重複。これを凶とみなします。
何度もこのことをしつこいほど学びました。私はこの話題になると「遺伝子」を思い出します。
遺伝子も「重複」があると色んな不具合が出てくることは聞いたことがあるかと思います。
「悪魔」のカードは「悪魔」から連想されるブラックな側面以外に、カリスマ性、魅力、商売繁盛
意味もあります。商売繁盛と悪魔が結びついているということは、世俗的なことは、悪魔が
象徴する側面があるということ、ですね。まあ、悪魔も役割があるのですからそれはそれで意味が
あります。
サビアンも見てみましょう。15度は力のピーク点とされています。どんなピーク点かは12星座の特色に
より異なりますが、共通しているのはピーク点ということです。ここでは獅子座を紹介します。
獅子座15度A pageant. (山車) ※P140から引用
火の元素のピーク点です。スター的な頂点を表し、最も目立つ場所に自分が到達することを
夢に見るようになります。お祭りの頂点や芸能でのピーク。
15は、他者や周囲に与える最大影響力を表す数といえます。その影響範囲やどんな形での
「力」かは、発信者次第で様変わりしそうですね。
16
16。ズバリ、固定観念が強い、ガンコだと姓名判断では読みます。安定感があるとも言えます。
「16=2×2×2×2 だよ、これがねえ(ブツブツ)」と先生は謎めいたことをおっしゃいます(^^;)
ではタロットを見てください。・・・すごいですよね、「塔」です。タワー。ガンコにそびえたっている
ではないですか!このカードは誇り高さ、自信とともに崩壊的な要素も持っています。
塔に上から雷のような衝撃が来ていますね。それで今まで積み上げたものが崩壊します。
崩壊は自らスイッチを押すか、外側からの衝撃で壊れるか、状況と本人によるでしょう。
スクラップ&ビルド。形あるものいつかは壊れる。これを人生で受け入れ、上手に繰り返してゆけたら
どんどん進化する人生サイクルになりそうですね!
さて、16のサビアン度数を紹介します。16度とはまさに「殻がうちやぶられる」度数。
サビアン度数は数え度数ですから、16度は30度の幅の中のちょうど真ん中、15.00〜15.99度
のことです。星座1サインは各30度でそれぞれのサインの真ん中は「殻が打ち破られる」的な
特徴があります。物理的に見ても、真ん中が一番折れやすいのです。打ち破られる、折れやすい
=塔が崩れる ということですね。ショックは大きな変容のきっかけになります(^−^)
乙女座16度 An orangutan. (オラウータン) ※P146から引用
自分の人格を形成するために今まで排除してきた影の要素が、まとまって自分を襲撃してくる
ことを表します。その影響を受け、狭い人格に閉じこもらないおおらかな乙女座が育ちます。
16という数字は、姓名判断では強固にそびえたった塔(自信・頑固さ保守)の姿が強調され、
タロットやサビアンではそれに加えて塔が壊されるという、変容に向けての衝撃をも表しています。
ただ、姓名判断上では、この16が2つあると、タロットと同じく「崩壊」的な意味も出現しますから
(16×2=32 は非常に怖いのです)これまた面白い比較ができます。
17
「パワー」。姓名判断上では、17格はものすごいパワー(力)があることを示します。これは良い意味でも
パワーを発揮し、そうでない意味でも発動します。たとえば事故運(交通事故、事件など)を代表する
格数がこの17です。
タロット17番のカードは吉兆とされる、「星」のカードです。塔が崩壊した(ひとつ前のカード)あとは、
すべてが一掃され、そこに存在するのは服も来ていない「裸の女性」といったところでしょうか。
守っていたものをすべて手放したとき、考え方も改まり新たな希望がでてくる象徴として星が
描かれているのですね。これは非常に「パワフル」な状況といえますね。
サビアン度数では、保守的だった16から反転して17度では「積極的」に捉えるようになる姿が
表現されています。
射手座17度 An Easter sunrise service. (復活祭の日の出の礼拝) ※P153から引用
地味な職場や目立たない作業をする中にも、たくさんの可能性があることに気づきます。
どんなところでも自分を生かすことができることを発見。
17という数字は、積極性・パワフルさを表します。それは今までのものを一度壊した後だからこその
強さであり、ある意味、数字「1」のようなスタートの勢いすら感じますね。
18
周りに「勝手者」の人、いませんか?だいたい自分勝手な人は名前の主要な部分にこの18
登場しています。・・・という事例を多数見てきました(笑)。ほんとうに、「勝手モン」さんなのですが
それがほほえましく周囲から許容される人とそうでない人は他の数との組み合わせによります。
18番のタロットでは17の星に続き、「月」という空の天体が登場しています。このカードの色彩は
少し暗いのが特徴です。月光の下はほどよく暗いものですね。
月はどのように「勝手モン」と結びつきそうでしょうか?タロットカードが示す月は、感情、夢、霊性など目に
見えないものあるいは感情を刺激するような象意(飲食、映像など)あるいは母・母性を表します。
自分流にやりたい人は結局のところ、自分が楽しいと思うようにしたいのです。つまり、満足できる
ような行動を自然と選ぶ、と見れば共通項がありますね。また、占星術でも「月」は人の幼少期
またはその頃形成された人格を示しますから、子供のような素直さ、わがままさ=自己流を主張
となれば、東西の観方に一貫性がでてきそうです。この感情を司る「月」を人生で上手に使えると
自分の主張を押し通しても「勝手モン」に見えず、でも主張は通るのかもしれません(^^)
上手に使うとは、月のエネルギーを高い意識でコントロールするということです。
サビアン度数・18を紹介します。
山羊座18度 The Union Jack. (イギリスの国旗) ※P159から引用
自分の感情のコントロールの仕方を模索します。ここは好きにやってもいいけど、ここはちゃんと
しなくてはいけないといった、生活管理力なども表すでしょう。
18は、想い・感情がタップリと入った自己表現の在り方がテーマになっている数といえます。
19
タロットカードの19番は太陽」です。燦々と輝く太陽の下、双子が寄り添っています。
いわゆる「吉兆」を表すカードですが、絵の通り双子や仲間という具体的事象を指すこともあれば、
象徴的事象で理解することもあります。双子の一人は肉体の自分、もう一人は精神(エーテル体)の
自分を指すことも。タロットカードの理解も段階というか読む「層」によって幾通りもの物語がでてきます。
一方、姓名判断ではこの「19」という数は非常に不安定な状況を生み出します。揺れやすい、局面が
急に変わりやすいなど、安定しません。良かったと思ったら急に悪くなるなど。ただそこで磨かれて
成長することによって(他の数との組み合わせによっては)大成することもあるかもしれません。
サビアンではどうでしょうか。19度の章にある松村潔さんの文章を引用します。(P162から引用)
つまり法則として、上昇するか下降するしかなく、平行性というものはないのです。ですから常に
大きな目標を抱き、想像力を膨らませて、自分の望む方向に向かっていくということをしないと、
私達は、もう何かを考えたり感じたりさえできない人間になっていくことに気づきます。
これは、姓名判断上の19が示す「不安定さ」と絶妙に一致します。姓名判断では「不安定」=運勢が悪い
と往々にして解釈しますが、上昇し下降するという不安定さから人は多くを経験し、そこから多くを
学び成長していくのですから、19も「悪い結果」ではなく、より自分が望む方向へ進む過程であれば
よいのです。だからできれば名前では終着点の「総格」に19がないほうがいい。
どこにどんな数が位置するかで景色はずいぶん変わるものです。
いまこうしてホームページを創り、この地上で毎日せっせと生きている私、双子のもう一人は
今の私にとってはヘルメス。私の意識も双子のように行き来(上昇・下降)しているのかもしれません。
19は、上昇と下降の中で切磋琢磨してゆく数、といえそうですね。
20
姓名判断では「」のつく数は特別視します。いわゆる「ゼロ格」(10,20,30・・・)は、天才的な
一面を持ちながらも、突然パタッと消滅したり脱落したりとバクチのような運勢になりやすいです。
20は「2」が偶数ですから内側へこもります。そこが「10」と異なってきます。
タロットカードの20番は「審判」。天使が上空でラッパを吹くことで地上では墓から人が甦るのです。
再生・復活のカードです。再生・復活できるということはすごい強さですね。17よりさらに強い。
とはいえ20も19と同様、姓名判断での「総格」には避けたい数です。総格とは終着駅ですから、
人生の終わりの風景です。道中なら20という挫折があっても「再生・復活」の可能性はありますから。
サビアン度数では20度は「環境に振り回されない」という強い表現がされています。
「牡牛座20度」のサビアンを引用します。わたしはこの度数に自分を表す惑星があります。
牡牛座20度 Wind clouds and haste. (雲を作り運び去る風) ※P169から引用
潜在意識から上がってきたメッセージを、偶然の状況を利用して常にアクティベートする能力を
表します。雲のかたちや道を歩いている人の会話、壁のシミを見た時に、すべてが自分の中から
やってくる情報を受信する道具として使われるのです。そこに好調・不調はありません。
環境に振り回されない、ということはどんな気象条件の中でも強い!ということです。
それは環境や他者のせいにしないで生きてゆきたい、という現れでもあり自分がどこまで
やれるか、あるいはそれをやり通したいのか、あらゆる角度から試されているとも言えます。
だからある意味「痛い経験」ももれなくついてくるのですね。そこから多くを学びます。
姓名判断では凶数扱いの傾向が強いですが、それでもとてもチャレンジングな数、それが20です。
さあ、これで20までの数が終わりました。21以降もまだまだ続きます。
〜更新日: 2015/6/13 〜
※このページで紹介しているサビアン度数は以下の書籍から引用しています。(オススメです。ぜひご一読を)
「ディグリー占星術」(松村潔 著/説話社)
数 21〜30の世界
占星術・タロット・姓名判断とは
占・数の丘
ヘルメスの丘 Top