数 1〜10の世界
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
それでは はじめましょ〜う!
1
スタートすべての始まりの意味があります。この数に、西洋・東洋も見方の相違はないよう
です。1は「奇数」、陰陽では「陽」で男性的外へ向けて強く押しだしてゆきます。勢いがあり
衝動的。名前では、長男に「一」という漢数字を使う場合をよくみますね。
1は始まったばかりで安定性に欠く傾向はあります。
タロットでは、1に「魔術師」のカードがあてはめられています。
魔術師クンも何かを始めようとしています。机の上や手元には道具や材料が揃っており、
始めるフィールド=場 はもうできているようです。これ以外に、小アルカナといわれる数カード
にも1が割り当てられています。四元素を表す杖(火)、剣(風)、カップ(水)、コイン(土)の
各1番(エース)のカードは、その元素が象徴する事象の「始まり」と「性質」を意味します。
サビアンシンボルもしかり、おひつじ1度なら「おひつじ」の、さそり1度なら「さそり」の性質を
この1度のシンボルを読むことでそのサイン(例:牡羊座のこと)のより深い理解に繋がります。
ちなみに「おひつじ1度」は、「春分点」です。季節の始まりです。 以下、サビアンの一例を。
双子座1度A glass-bottomed boat in still water. (静かな水に浮くガラス底ボート)
風のサインの目覚め。興味津々であれこれを覗きます。しかも柔軟サインですから、
行き当たりばったりで観察対象を選びません。
「ディグリー占星術」松村潔著(説話社)P55より引用      
※補足: 1度は12サインにひとつずつありますから、全部で12の1度シンボルがあります
1は始まりであり、1で示された場所の性質を端的に表現する数といえます。
2
姓名判断上、2は「別れ」や「分離」を意味し、凶数とされています。2は1と1が合わさったもの
→いつかは離れる という暗示なのです。偶数ですので陰陽では「陰」になります。
二番煎じ、二番手。あまりよいニュアンスではないですね。漢数字の「ニ」が名前に入るとうーん。
また、同じ数が格数に2つあると、その数本来の意味が変質し関西風にいえば「ややこしい」(^^;)
タロットでは2は「女教皇」があてはめられています。
彼女はひとり、ベールに覆われた場所に書物を持ち静かにしています。「能動性」はないです。
書物は内に潜む智慧を象徴しており、それは過去であり蓄積であり、そしてまだ表に出ていない
可能性でもあります。人は鏡で自分の姿を映し、自分の外観を確認します。分離はネガティブな
意味だけではなさそうですね。二つに分けてこそ、元のものを認識できる。陰陽も二極化の
象徴です。1が自分を理解するために二つに分かれる。天と地、自己と他者、男と女。
サビアンシンボルは2度を「手ごたえ」という言葉で表しています。以下、例をひとつ。
牡牛座2度An electrical storm (電気的な嵐)
山から勢いよく下りた活力は下界で激しい嵐を巻き起こします。魂は肉体に下りることで、
生まれつきの資質というものを活性化し、またそのことに激しい抵抗も起きます。反発や怒り、
強いリアクションなどが起こる時に、その手ごたえを牡牛座の人は喜びます。
「ディグリー占星術」松村潔著(説話社)P55より引用
2は始まりののあとに(自動的に)起こる「分離」現象。手ごたえは、「体験」ともいえます。
分離してこそ体験があり、体験が痛みだけで終わるか、蓄積のうえに智慧となるかは
その人の受けとめ方で変わってくるのかもしれないですね。ただ、智慧を外側に放出するには
次の数字・3の出番が必要なようです。
調和発展生産を意味します。1の陽・2の陰が一緒になるのが3です。姓名判断で一桁数は
その性質が強烈にでる傾向があります。発展、生産性はあるがあまり調子に乗ると・・・です(^^;)
少し脱線しますが、音域学の面からだと「あ行」がその強烈さを持っています。
よって、3画かつあ行の場合は強烈さがダブルで出てきます。
タロットで3は「女帝」です。女帝は豊穣、知性、発展、ヴィジョンを意味します。
女帝は『女性性』という陰のイメージはあまりありません。3は奇数で「陽」です。1と2が一緒に
なり調和をもって何かを創造するので、「産む」を大いなる母ととらえれば女性のシルエットと
重なります。
3といえば角形。位一体、父と母がいて子が生まれる。面(2次元)が立体(次元)になる。
人寄れば文殊の知恵」。知恵も生まれる。
西洋占星術で、360度の中の120度の角度はトラインといって、発展的・調和的なアスペクト(角度)
とされています。これは、おひつじ〜うお までの12サインは火・風・水・土の4元素が順番に
割り当てられており、1番目のおひつじと5番目のしし、9番目のいては120度の関係で
いずれも同じ元素(この場合「火」)に分類されるため「調和的」なのです。
3は、西洋・東洋いずれから見ても 発展や生産的、調和的な特徴がみてとれます。
4とは、分離混乱不完全を意味する大凶数・・・とコワイくらいに脅かすのは
姓名判断上の解釈です。4は2と2を足した偶数であり、陰陽は「陰」です。
どう凶数なのか・・・実占で検証中ですが、悲観的に苦しい流れがまとわりつく感じでしょうか。
教えてくださる先生も、4を見るとうーん、とうなることが多いです。。。うーん。
四苦八苦という言葉もありますね。先生はこうもおっしゃいます。
本足のイスのほうが安定する。本足はそのうちガタガタしだすよ・・・ほぉ。
一方、タロットではどうでしょうか。 4は「皇帝」のカードがあてはめられています。
皇帝は地上を統治する存在。現実化、固定・安定の意味があります。普及力もあります。
あら。・・・姓名判断上での4の印象と少し違います。
東洋・西洋で解釈が違うの? と混乱した最初の数がこの4でした。この違いはなんでしょう?
「ディグリー占星術」の中で、松村さんの記述が目に留まりました。
4の数字の中には、活動の停止、眠りというものも含まれています。日本では4は死と読むという
ことから嫌われていた時代がありました。しかし死というのはそこで運動が終わるので、
その後、定着するということにもなります。(P.70より引用)
姓名判断が含まれる「易学」では、変化しないことを最も忌み嫌うといいます。
4に「活動の停止」が含まれるのであれば、4を凶数と受け取るのはごく自然といえます。
西洋占星術でも、90度(スクエア)のアスペクト(角度)は苦労・困難を暗示しますから
よく比較してみれば、4への理解は東西共通したものも流れているのですね。
サビアン占星術の眼では、4は「普遍化」です。おひつじから始まるサインで考えると
4番目は「かに」です。かには「集団性」の象徴です。みなに共通する普遍性の普及。
普及するには「一旦停止」が必要なのか。3での発展性の動きを4で止めて、「皆一緒に」
同じ色に広範囲を染めてゆく。 そういえば、東西南北という四方も関連がありそうですね。
以下、サビアンの一例を。
魚座4度Heavy traffic on a narrow isthmus (狭い半島での交通混雑) ※P75から引用
良いものはすみずみまですべてに浸透させるという魚座の基本姿勢が現れます。部分でなく
全部ということが重要視され、毛細血管のすみずみまで行き渡る普遍化を表します。
4は、普及・普遍化とそれに伴う活動停止(これが混乱や困難に映ることも)といえそうです。
4は少し難しい。私としては、今後さらに咀嚼して理解を深めたい数です。
5は「人の心ですよ」と、姓名判断の勉強中に教わったことが強く記憶に残っています。
以下は3×3の魔方陣です。どの列を足しても15。そして中央は「」です。
8 1 6
3 5 7
4 9 2
以下は九星図で用いられる河図洛書の図です。上記と対照形ですが、どの列を足しても15、
中央に「」が位置することは変わりありません。
4 9 2
3 5 7
8 1 6
5は1〜9の数の中間に位置し、中庸の意味があります。偏るということがなく大人しいですが
徳がある運とされています。奇数、陰陽は「陽」です。
東洋の思想に、陰陽行説があります。五行では、万物を木・火・土・金・水の5種類に分けています。
西洋(占星術)では四元素(火風地水)による4分割ですからこの比較も面白いですね。
タロットカードでは、5には「法皇」が割り当てられています。
法皇は一般市民より高い位置から発言する存在です。しかも保守的傾向があります。
姓名判断上の解釈より、「陽」の意味が強いように思います。つまり、外に押し出す=自己主張
力が強くでています。でもよく考えれば、上記の魔方陣でも5は「中心」にありますから、
5を中心に世界を回す、という解釈もありえます。
西洋占星術では、5番目のサインは「しし」です。獅子はライオン=動物の王様です。
これは、5が中心と解釈されるにふさわしい割り当てですね。4で活動を停止することにより
普遍性を培い、外にでるためのエネルギーをチャージしていたのです。
ところで1からこのように順番に数を見てゆくと、前後の数は連動性があるのですね。
前者の流れを受け継ぎながら自己表現して次の数へ。まるでバトンリレーをしているようです(^−^)
もうひとつ。☆は芒星ですね。五芒星といえば、魔除けとしても有名です。
中心から外に向けてパワーを発している数であることは間違いないですね。
獅子座5度Rock formations at the edge of precipice (絶壁の端にある岩の塊) ※P80から引用
獅子座の無謀なチャレンジの典型です。話は大きいけれど、それを果たしていません。
話が大きすぎるために果たせなくなるのです。
5は、中心に位置しそこから周囲へ働きかけている力の数、といえます。
姓名判断では、6は「穏便」であり、柔和な性質を持った数です。しかし、6が2つ以上あると
事情は異なってきます。6に限ったことではないですが、名前の格数というのは同じ数が
2つ以上ある場合(=同格現象といいます)、数の本来もつ意味が変質します。
姓名判断は「易学」のひとつですが、易学は『変化しないこと』と『重複』を大変忌み嫌うのです。
『常に変化し効率よく進化せよ』、ということなのでしょう。私は自分が怠惰になりそうなときは
このことを思い出すようにしています。
遺伝子を考えてみても遺伝子重複は異常現象を起こすといいますから、宇宙も自然現象も、
人間もそして人間から生まれる概念さえも、同じような構造になっているだろうなあと
と思います。
さて、タロットカードでの6はどうなっているでしょうか。
6は、「恋人」のカードです。女性ふたりと男性がひとり、上空には天使が描かれています。
1から5までのカードと異なる点は、"複数"の人間と人間以外の存在もいることです。
ひとが複数いればコミュニケーションが発生し、3人集まれば社会がうまれます。
その社会が円滑にまわっていればそこは「穏便」な雰囲気の場となりますね。
中央の男性は2人の女性に挟まれていますから、どちらを選ぶか?ということで「選択」という
意味があります。また、男女が描かれていることからカード名の通り「恋人」を暗示する場合も。
6は3と3が合わさった数字で「陰」です。三角形が二つ合わさっているのですね。
六芒星(上からの男性性の▽、下からの女性性の△の結合)
サビアンシンボルでは6度は「環境との結びつき」です。5で強く自己主張した後は
与えられた環境下で他者の要求に応えることをおぼえていきます。奇数の3が2つから
できていますが、6は偶数ですから受容性も持ち合わせているのです。
乙女座6度A merry-go-round (メリーゴーランド)    ※P86から引用
軸になる立場の人に依存して、その周縁的な細部に至るものに楽しみを見出し盛り上がります。
細かいことは楽しい。それに耽るには、全体を統括する立場にはなりたくないということです。
6は環境(穏便に)に合わせて周囲に応えてゆく数といえます。
7という数字。これはずばりもう、「戦い」・「攻撃力」という言葉につきます。奇数・陽。
姓名判断の先生は、この数を「めっちゃ強い蒙古軍」と表現していました(笑)。
タロットカードを見てください。なんと「戦車」のカード。そのまんまではないですか。
このカードには(努力の上の)勝利、達成 などの意味があります。2頭の馬は人に内在する
情動や本能。これを如何にコントロールし、馬車を駆動できるかが勝利への道です。
行動力も勇気もある。この戦車、空だって飛びます。怒ると大変だったりもします(^^;)
7という数字で思い出すものが沢山ありますね。音階、一週間は日、北斗星、色の虹
また、占星術も天王星以遠の惑星が発見されるまで、主要天体はつでした。
サビアンシンボルで、松村さんはこの7を「落差による意欲」と表現されています。
<牡羊座7度> A man successfully expressing himself in two realms at once
(二つの領域でうまく自己表現している男) ※P91から引用
大まかな原理としての光と闇に気がつきます。その間に七つの法則が働きます。そして
克服目標とか、努力するテーマがくっきりと出てきます。まるで、劇画の味方と敵、善と悪の
ように、わかりやすい落差が出てきます。
6の環境とのかかわりを経て、7で自分に欠けたもの・目標やとらえたい獲物(ターゲット)に
気づく。そして活動する。7は求めて走る数、といえますね。
8の枠を黄色にしたのには意味があります(^-^)。姓名判断ではズバリ、お金数。吉数扱いです。
お金にまつわるとは、金運ということだけではありません。お金好き、お金にめざといなどの
傾向もあります。さらに8が姓名の格数に2つも出てくると・・・逆にお金に悩まされたり
贅沢し放題な面があったり、とタロットカードでいえば「逆位置」現象が出てきます。過剰はよくない
と考えたのですね。「腹分目」ともいいます(^^)。分咲きはキレイ。8は偶数・陰です。
タロットでは8は「正義」のカードが充てられていますが、「力」というカードの場合もあります。
ここでは「正義」として説明したいと思います。正義のカードは「天秤」を持つ人物が描かれて
います。天秤にかける、じっくりと測る、図る、計る・・・。慎重で抜け目ない感じですね。
二つのもの(天秤は二つの皿)を見る三番目の視点があります。適切な判断力が求められます。
そのことが経営力=財を適切に運用する ことに繋がるのかもしれません。
西洋占星術では8番目のサインは「てんびん」です。まさに、です(^^)。
サビアンシンボルで8度は「落差の超越」です。
8は行き当たりばったりにならず、知恵とか財力とか物質を溜め込み、でこぼこを平坦化して
安定させる力です。4は安定の数字でした。ということは、その倍数で、環境との関係で
フレキシブルに対応した備蓄力は、不安定な状況を乗り切る力を獲得することです。 ※P95から引用
8は、(7の活動力を経験したあとの)確実な地固めの数といえます。
9という数字は神秘的です。個人的にも、いえ、私だけでなく神秘的なはずです。
9については別ページでも取り上げていますのでそちらもぜひご覧ください。
姓名判断上では、この数字、「苦労性」なんです。苦=9 なのですね。苦労を暗示する数は
他にもあるのですが、一桁数というのは強烈になる傾向があります。苦労が悪いかといえば
苦労の末に、ということもありますし一概に「最悪」ともいえません。ただ、東洋では
ひとつ前の「8」が末広がりの八として吉数ですので、それを過ぎれば・・・ということでしょうか。
さて、タロットではどうでしょう? 9には「隠者」があてられています。
経験豊富そうですから、苦労もあったでしょうね(笑)。隠者は智慧・探究の象徴でもあります。
姓名判断では9種類の格数があります。九星図も9マスです。
他の占術・神秘思想系の概念にも9に重きをおくものは多いです。
サビアンシンボルでは9度は「そのサインの哲学」を表すとしています。
9は精神性の完成形であり、かけたものがないとしています。
サインで見ても、9番目は「いて」であり、それは精神・哲学の象徴です。
<射手座9度> A mother with her children on stairs (階段で子供達を連れている母親)
母親的な見えない存在に導かれて、高度な境地に上がろうとする射手座の精神性を
表します。すれすれの、安定していない、危なっかしいものでも、限界まで挑戦しようとします。
安定性はその後手に入ります。まずは極限まで。  ※P105から引用
苦労とみえることをどうとらえるかによりますが、9はただただ精神鍛錬の数といえます。
10
一桁数が終わり、最初の二桁数である10。「10」は姓名判断上では「ゼロ格数」として
非常に慎重な扱い方をされます。ゼロ格とは、10、20、30、40、50・・・と1の位がゼロ
の数のことです。ゼロ格数は非常に天才的な面を持つ一方で、運命が急展開する、
上がったかと思えば急降下、いきなり消える、突発的出来事を引き起こしやすい数です。
波乱万丈数といったところでしょうか。ゼロ格はすべて偶数で「陰」となります。
タロットではどんなカードでしょうか? 10番目には「運命の輪」が登場します。
このカードは「時間」をつかさどっています。時間という概念があるから、事象が発生し、
運命という言葉も出てくるのですね。このカードも突然の(運命的な)出来事という意味を持ち合わせて
います。上がったり下がったり・・・サルとイヌが輪の中でぐるぐると回っています。
さて、サビアンを見てみます。10度は「外と関わる」という表現がされています。
実はこの10という数字の捉え方を再考する時期がありました。私は10は「10」と考えていましたが
10=1+0=1、つまり「1」(新しいスタート)という考え方があるのです。一桁になるまで足し続ける。
数字根」です。(「9の不思議」でも触れています) これを知って以来、
タロットの10の「運命の輪」は1の「魔術師」と、11の「力」は1+1=2で 2の「女教皇」と
並列して眺めるようになりました。さらに理解が深まったように思います。
ただ、姓名判断上で恐れられるゼロ格としての10と絡めてどう解釈したらよいかについては
まだ模索中です。ただ、10がスタートとしての1の要素があるのであれば、スタートするには
今までのものを整理し、まとめあげて新しい環境へ自分を打ち出してゆかねばならず、
そこには崩壊と再構築が伴います。それはある意味「怖いこと」であるかもしれません。
東洋では特に「繁栄・安泰」が吉であると強く主張しますから、無理があったり崩壊の危険が
ある要素はできるだけ避けたいという価値観が強いのかもしれないですね。
さて、ここで一旦、数の世界・1〜10は終わりです。
私の中で新しい発見、新しい見方、考え方の変化があれば随時更新していきますし、
この後の数11〜以降も地道に書き続けます。
数について、こんな見方もあるんだね、と楽しんでいただけたら幸いです。
最後に念のため書き添えますと、占星術もタロットも姓名判断も「数」は軸ですがそれだけでは
ないです。陰陽・性質による分類・配列(角度)・姓名の場合音域など、複雑な要素を総合的に
観てゆく世界ですので、数が悪いとダメなの?という解釈は避けてくださいネ。
数 11〜20の世界
占星術・タロット・姓名判断とは
占・数の丘
ヘルメスの丘 Top